Loading...

TRIVIA

知って得する豆知識

TRIVIA

トップページ  知って得する豆知識  キッチンリフォームを失敗しないために

キッチンリフォームを失敗しないために

キッチンは1日に何度も使用する場所です。そのため、キッチンリフォームを行う際は、色々とこだわりたいのではないでしょうか。
しかしこだわりすぎてしまうと意外なところでつまづいてしまい、リフォームに失敗してしまうこともあります。
キッチンリフォームで失敗しないために、失敗事例や成功するポイントを知りましょう。

キッチンでよくある失敗事例

・大型シンク

大型のシンクに憧れる方は多いと思いますが、シンクを大きくしたことによって調理スペースが狭くなってしまうことがあります。いくらシンクが大きくなっても、調理スペースが狭くなってしまえば使い勝手が悪くなるので、ある程度の調理スペースの確保を忘れないようにしましょう。

・冷蔵庫のスペース

キッチンリフォーム後に冷蔵庫を運び込もうとしたらカウンターの出っ張りなどに引っかかってしまい、運び込むのに手間が掛かってしまう、という失敗はよくあります。家電の寿命は10年程と言われています。買い換える際のことも考え、運び込むスペースや設置するスペースは余裕をもって計画することが大切です。

キッチンリフォームを成功させるためのポイント

・目的の整理

キッチンリフォームを行う際は、まず目的を整理します。目的によって、全面改装が必要なのか、部分的な改装が必要なのか、工程やリフォームにかかる金額も変わってきます。リフォームを依頼する際は、「故障している機器を交換したい」「理想のキッチンを作りたい」などを整理し、優先順位を決めることが重要です。

・順番と動線を考慮する

リフォームの計画を立てる際、キッチンの位置を決めた後に収納を決めていく方は多いです。
しかし収納よりも先に、使用頻度の高い家電のスペースを決めることで、より使いやすいキッチンを作ることができます。

家電の中で一番大きく、使用頻度の高い冷蔵庫の設置スペースを最初に決め、その次にオーブンレンジや電子レンジの位置を決めると良いでしょう。炊飯器は他のキッチン家電に比べると必要スペースも少ないので、最後に決めても問題ありません。
また、調理スペースとキッチン家電の動線を最適な配置することで、より使い勝手の良いキッチンを作ることができます。

CONTACT

資料請求/お問い合わせ

CONTACT

資料請求をご希望の方、もしくはご不明点のある方は下記の電話番号、またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。