Loading...

TRIVIA

知って得する豆知識

TRIVIA

トップページ  知って得する豆知識  リフォームと建て替え、どっちを選ぶ?

リフォームと建て替え、どっちを選ぶ?

住み慣れた土地を離れずに住まいを新しくするには、「リフォーム」や「建て替え」といった手段がありますが、どれが自分に合っているのかお悩みの方は多いと思います。それぞれのメリットをピックアップしていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

リフォームのメリット

・思い出の詰まった家を残せる。

「家族で団らんの時間を過ごしたリビング」や「子供の成長を刻んだ柱」など、長年住んだ家には家族の思い出がたくさん詰まっています。リフォームなら、そんなかけがえのない家族の思い出を残したまま家を新しくすることができます。

・金銭的な負担が少ない

リフォームは、基礎・土台・柱・梁などの構造が使える場合、そのままの素材を活かした施工をします。そのため、構造に手を加える建て替えと比較して、金銭的な負担は少なくなります。逆に劣化が激しいと補修費用もかさむことが考えられます。工事によって生じる廃棄物の量も少ないので、処分にかかる費用も抑えることが可能です。

・工事のストレスが少ない

大規模な工事を必要とする建て替えと比べて、部分工事が可能なリフォームは工事期間が短いというメリットがあります。
また、リフォーム内容によっては住宅に住みながら工事を進めることも可能ですので、工事のために仮住まいに引っ越す必要もありません。

建て替えのメリット

・地震に強い家ができる

耐震基準が改正される前に建てられたマンションや戸建ては、大地震を想定して造られていません。
そんな住宅に不安を感じているのなら、制震構造や免震構造にすることができる建て替えをすると安心です。

・様々な不満を改善できる

間取り・断熱性・設備など、多くの問題を改善できるのが建て替えの大きな魅力の一つです。
「冷房や暖房の効きが悪い」「動線を良くしたい」「部屋を増やしたい・減らしたい」など、リフォームでは解決が難しい住まいの悩みを感じているのなら、建て替えがおすすめです。

CONTACT

資料請求/お問い合わせ

CONTACT

資料請求をご希望の方、もしくはご不明点のある方は下記の電話番号、またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。