Loading...

TRIVIA

知って得する豆知識

TRIVIA

トップページ  知って得する豆知識  新築工事でのトラブルを防ぐためには

新築工事でのトラブルを防ぐためには

人生で一番大きな買い物と言われる「マイホーム」。理想の家を手に入れるために、注文住宅を選ばれる方もいらっしゃるでしょう。この時、気をつけていただきたいのが新築工事に関するトラブルです。トラブルが起こると、無駄な時間と費用が発生してしまいます、そうしたリスクを回避するためには、トラブルを未然に防ぐことが大切です。

ある程度の知識を身につける

知識といっても住宅に関する知識は多岐に渡りますので、全てを知る必要はありません。ただ、新築工事でのトラブルに巻き込まれないようにするためには、ある程度の知識を身に付けておく必要があります。そこでまずは、住宅に関する知識の中でも重要な「工法」について見ていきましょう。

・鉄筋コンクリート(RC法)

その名の通り、鉄筋コンクリートを使用して作る住宅です。
耐久性・耐震性・断熱性に優れており、形状も自由に設計することが可能です。

・在来工法(木造軸組工法)

日本ではこの在来工法が最も主流で、多くの住宅がこの工法で建築されています。
柱と梁などで支えられており、間取りの自由度が高いのが特徴です。
また、外壁に使用する材料もどんなものにも対応しているため、好みのデザインを選択することが可能です。

・軽量鉄骨造(プレハブ工法)

プレハブ工法は、工場で生産された健在を現場に運んで組み立てる工法です。軽量鉄骨が使用されており、品質の安定した住宅を比較的リーズナブルな価格で建てることができます。

事前に立地を調査する

新築工事で多いトラブルとして、近隣住民とのトラブルも挙げられます。
賃貸と違い、家を建てると簡単に引っ越すことはできません。そのため、土地を購入する前に下調べをして、近隣の情報をしっかり把握することが大切です。
また、工事前に近隣住民への挨拶をしておくことも忘れてはいけません。
これから長いお付き合いが始まるので、業者任せにせず、自ら行いましょう。
そうすることで、トラブルを未然に防ぐこともできるはずです。

CONTACT

資料請求/お問い合わせ

CONTACT

資料請求をご希望の方、もしくはご不明点のある方は下記の電話番号、またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。