Loading...

TRIVIA

知って得する豆知識

TRIVIA

トップページ  知って得する豆知識  注文住宅の地鎮祭と上棟式

注文住宅の地鎮祭と上棟式

新築、中古、戸建て、マンションなどマイホームを購入する方法は様々ですが、思い通りの家を建てたいと考えている方は注文住宅をおすすめします。注文住宅はデザインや間取りなどを自由に決めることができるため、世界でたった一つのオリジナルな家を手に入れることができます。そんな魅力溢れる注文住宅ですが、建築する際は地鎮祭と上棟式が行われます。

地鎮祭

・地鎮祭とは

家を建てる土地を司っている氏神様を祀り、家を建てるお許しを得るのが地鎮祭です。工事を始める前に行う儀式で、工事の無事を祈るという意味合いもあります。家を建てる場所の近くにある神社の神主さんにお願いをし、執りを行っていただきます。一般的には神式で行われますが、仏式やキリスト教式で行う方もいます。場所によっては地鎮祭と呼ばず、地祝いや地祭りと呼ばれることもあります。

・地鎮祭にかかる費用

地鎮祭にかかる費用を大きく分けると、祭壇などのレンタル料、神主さんへお渡しする玉串料、お供えやお弁当の代金などがあります。
地域や規模によって料金は変わりますが、一般的には20万円ほどかかると言われています。
施主が準備を行いますが、最近では建築業者が全て手配することもあります。

上棟式

・上棟式とは

本来の上棟式は、棟上げが無事終わったことに感謝し、祈願する儀式でした。しかし、現在では儀式的な意味合いではなく、職人さんをおもてなしするお祝いとしての意味合いが強くなっています。
神主さんをお呼びする必要はなく、多くの場合現場監督が式の進行を行います。

・上棟式にかかる費用

一般的に、上棟式にかかる費用は10万円〜20万円と言われています。しかし、この金額は相場ですので、規模や予算によって変更することも可能です。上棟式では、建築をしてくれている職人さんへのご祝儀やお弁当代などがかかります。また、御神酒などの神物も用意する必要があります。地域や風習で上棟式にかかる費用やマナーが変わりますので、事前に確認をして行うことが大切です。

CONTACT

資料請求/お問い合わせ

CONTACT

資料請求をご希望の方、もしくはご不明点のある方は下記の電話番号、またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。