Loading...

BLOG

山築ブログ

BLOG

トップページ  ブログ  今日のyamatiku『東京オリンピック特別編』

2021.07.21

今日のyamatiku『東京オリンピック特別編』

 

 

 

みなさん、こんにちは〜😊

 

 

いつも、

【今日のyamatikuブログ】を

 

読んで頂き、ありがとうございます😊

 

 

 

今回は、

現場レポートをお休みします❗️

 

 

東京2021

オリンピック開催直前という事で、

 

 

少しでもオリンピックを

感じて頂ける様に、

 

 

新国立競技場について

特集します😊❤️

 

 

 

 

 

2019年11月に完成した

国立競技場!

 

 

 

 

国立競技場の

設計デザインは、

 

長岡の市役所

『アオーレ』を設計した、

 

世界的に有名な

建築家の

隈研吾さん😊✨

 

 

 

 

 

建物のコンセプトは、

 

 

木のぬくもりを感じる

【杜のスタジアム】

 

 

 

 

47都道府県の

国産杉を、

 

ふんだんに使用したスタジアム🌲

 

 

 

木材は全て、

杉の産地の方角に向けて

配置してあります!

 

 

 

《木と鉄骨のハイブリッド構造》で、

2万トンの屋根を支えています❗️  

 

 

 

もちろん、

地震の多い日本ですから

 

耐震性もバッチリの構造です😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のオリパラリンピックは、

残念ながら

無観客開催予定です😣

 

 

 

しかし、

 

客席が5色にランダムに

彩られている事で、

 

まるで観客が居るように

見えると話題になっています❗️

 

 

大地の色、

木の緑、

空に近い白、

 

 

計5色を隈研吾さんが

ランダムに配置。

 

 

木漏れ日が差している

イメージとも言われています。

 

 

 

 

スタジアム内には、

気流創出ファンを185台設置❗️

 

 

観客席には風を送って、

 

フィールドには、

上昇気流を生み出し

屋根上に逃す構造に❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアム外周の庇(ひさし)は、

 

京都法隆寺の五重塔から着想を得た

日本建築の造りです。

 

 

 

スタジアム外周の

軒庇(のきびさし)から、

 

 

四季折々の風を、

 

スタジアム内に効率よく

取り込む設計になっています✨

 

 

 

 

 

 

 

近隣の明治神宮外苑と

調和するように、

 

 

周囲には、

 

4万7000本の低木と、

 

130種類の植物、

 

140メートルのせせらぎを配置😊

 

 

 

 

 

 

自然と木が調和した、

 

素晴らしい国立競技場ですね🥰

 

 

 

コロナが落ち着いたらぜひ、

間近で見てみたい建物です😊

 

 

オリンピック、パラリンピック

をテレビで応援しましょう🥳

 

 

 

連休中は

ブログお休みしますm(_ _)m

 

CONTACT

資料請求/お問い合わせ

CONTACT

資料請求をご希望の方、もしくはご不明点のある方は下記の電話番号、またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。